整形手術
`

顔のたるみを解消する方法

美容整形

たるみの原因を知ること

ほうれい線というのは左右の小鼻の脇から口角にかけて延びる深いシワです。年齢と共に目立ってくるものですが、人によって差があります。また若い人でもほうれい線がクッキリと表れている人がいます。ほうれい線があると年齢よりも老けて見えるので、なるべく目立たないような化粧をします。ただし化粧はあくまでもごまかしなので、根本的に解消した方が美容効果は上がります。ほうれい線の特徴は肌のたるみによって引き起こされるという点です。なぜたるみが起こるかというと、皮膚の弾力とハリの低下です。肌の下には真皮というのがあって、コラーゲンやエラスチンといった繊維が網の目状になって肌の弾力を保っているわけです。ところが加齢や紫外線の影響でこれらが減少し、肌がたるんでしまうのです。また、表情筋が衰えることによってもたるみが起こります。ライフスタイルの変化が表情筋の衰えにつながっているのです。例えば最近では柔らかいものが好まれて、硬い物は敬遠されがちです。硬い物をたべることによって表情筋は鍛えられるのです。また他人と会話することも表情筋を鍛えることになります。さらに皮下脂肪が増加すると、皮膚が重みに耐えられなくなってたるみが発生します。このようにたるみは主に3つの点によって発生しやすくなります。このような特徴を知っておけば、たるみを防止することができます。それによってほうれい線を抑えることができるのです。具体的にはコラーゲンを補給し、硬い物をよく食べ、皮下脂肪を減らすようにすればいいのです。

美容整形でたるみを消す

美容整形でもほうれい線を消す治療が行われています。主に行われているのがヒアルロン酸注射というもので、簡単に治療できるので非常に人気があります。もともと人間の体内にはヒアルロン酸があり、体内の水分を保持する働きをしています。また皮膚の弾力やハリを支える役目を果たしています。このような効果のあるヒアルロン酸を、皮膚の下に注入することによってほうれい線を消すことができるのです。体内にある成分ですので、副作用の心配がないのが人気の理由です。最近ではプチ整形といって、気軽に注射1本で整形できるため若い人を中心に人気があります。ほうれい線もプチ整形で治療できるので、最近では中高年の女性にも広がっています。具体的な治療時間は5分から10分程度で、ダイレクトに効果が出るのが特徴です。また美容整形ではレーザーによる治療も行われています。肌の下の真皮の部分にレーザーを照射すると、繊維芽細胞が刺激されてコラーゲンが増大するのです。これによってたるみやシワなどが引き締められるため、ほうれい線を目立たなくすることができるわけです。治療時間も5分から30分程度で痛みもないので人気があります。副作用もほとんどないので、施術の当日からシャワーも入浴も可能です。このように最近では美容整形でほうれい線を消すことが可能ですが、若い内からの予防でも目立たなくすることはできます。例えば食事などでも、コラーゲンを多く含む手羽先だとか牛すじ肉、鮭、ウナギなどを摂取するようにすると、予防することができます。